スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供がかゆみでなかなか寝付けない時

娘は生まれてからの7年間ずっとかゆみと付き合っています。
いまでは湿疹も大分治まってはいるけど、特に寝入りは、かゆみが強くなって、いまだに寝入るまでの間は、少しつらそうです。

うちの子供のかゆみがひどくて寝られないときにかなり効果があったことは・・・

☆まずは、かゆみを冷やすこと。暑い夜は寝入りだけはクーラーを入れて涼しく。

□チュビファーストという、筒状になった包帯を水にぬらして肌に装着。
 ひんやりとして気持ちがよいし、掻き壊さないので一石二鳥。

□ひんやりシートやマットをひく

□保冷剤をたくさん冷やして寝るときに用意する。

かゆみを掻くのではなく、やさしくさすってあげる。

☆仙骨周り(おしりの尾てい骨の上あたり)のマッサージ。

娘を見ていると、すんなりと寝られないのは、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできない(自律神経のバランスがよくない)ように思えるので、この調子を整えてあげると良いと思い、副交感神経が集まっているこの辺りを円を描くように優しくさすってマッサージします。すると、眠りに入るときに働く副交感神経が刺激されるのか、寝入りが良くなりました。なにもつけなくても大丈夫ですが、子供の肌に合うオイルなどもあるとすべりが良くてよいです。うちはホホバオイルを使っています。

☆背骨に沿って背中のツボを押す

などなど。かゆがっているときに、この作業を黙々と行うことで、大分寝入りが楽になりました。
まずは落ち着いて、ゆったりとした気持ちになることが親子ともに大事なことだと思います。

まだしゃべれないくらいの年、娘はいつもぐずぐずで、機嫌が悪くて、寝てもすぐ起きてしまう子でした。
すぐ泣くし、泣き始めるととまらなくて、どこに連れて行くのも大変だったのを思い出します。
湿疹もあるし、多分気持ちが悪かったのでしょう。
娘が2歳になるまでの間、私はステロイド治療に疑問を持っていて、ステロイド以外の治療にこだわっていました。当時の娘は、可愛そうに、湿疹もひどくて、見た目もひどい状態。
今思い出しても胸が痛みます。
でも、当時はステロイドを使わずに治すこと、それが子供のためだと思っていました。
しばらくは、ステロイドを使わない皮膚科に通って、独特の香りのする漢方っぽい塗り薬を使っていました。

今思えば、一人目の子供だったし、自分にもあまり余裕が無かった様に思います。
一生懸命すぎて、ステロイド治療について聞く耳を持っていなかったのです。

しかし、娘が2歳になっても一向に湿疹はよくならず、かゆみもひどくて、劇症型の食物アレルギーもあり、二つの問題をかかえて娘も私も寝不足、疲れ果て、困り果てました。

そして、2歳に入ってやっとステロイド治療に踏み込んだのだけど、治療をはじると娘の肌は、一気に良くなりました。顔にいたっては、目のまわりもただれていたから、腫れがひくと二重になって、別人のようになりました。そして神経質だった性格まで変わって、ニコニコと明るくなりました。浅かった眠りも、朝まで寝ることができるようになりました。
それは、この治療に変えて良かったと思うのに、有り余るくらいの効果でした。

そして幼稚園に入るのをきっかけに、しっかりと食物アレルギーの治療を受けようと思って通い始めた今の病院。食物アレルギーを治療するには、まずは肌をキレイにしないことには始まらないので、今まで、どれだけ遠回りしてきたことかと思いを改めました。

ステロイド治療は、間違った使い方さえしなければとても有効な治療薬なのです。
そこで、私はこの有効な治療薬を使いながら、自分なりにできる健康法、食事やハーブの自然の力を使って少しでも子供のアレルギーをよくしていこうと、気持ちが一気に切り替わりました。

以前からハーブは料理などには使っていましたが、改めてハーブの勉強をしました。実際に自分でたくさんの種類を育てることによって、ハーブの魅力をさらに感じました。その後ハーブや、自然の植物から抽出した精油の世界に興味をもち、精油の力が、神経や、精神のリラックスに素晴らしい作用があることを実感しました。そしてその素晴らしい作用を伝える人になりたいと、アロマセラピストになりました。

娘のステロイド治療を始めてはや5年たちます。
その間、良くなったり、体調が悪くなると、肌の調子は悪くなったりの繰り返し。
長期に渡るとついつい使い方に惰性が出てきてしまって、なかなか湿疹を抑えきれない日々も出てきていた今日この頃。

そんな昨日、小学生ママゆうこりんの食アレ日記というブログで、親子で学ぶアトピー教室の記事を読みました。アトピー教室での薬の塗り方、早寝早起き、生活習慣の見直しを改めて習ったという記事は、今の我が家にとてもためになりました。なかなか病院へいって講習を受けられない人たちにとっても貴重な情報です。
同じく食物アレルギーの子供を持つママのブログですが、本当に色々な情報を丁寧に開示してくれていて、とても素晴らしいブログです。
迷いが出てきたとき、同じ思いや、体験をしている人とブログを通じて共感できることは、かなりのパワーをもらうことができます♪






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

twitter
プロフィール

mari

Author:mari
◇JAMHA日本メディカルハーブ協会認定
 メディカルハーブコーディネーター
◇AEAJ日本アロマ環境協会認定
 アロマインストラクター
◇AEAJ日本アロマ環境協会認定
 アロマセラピスト

三児の母、2014年に7年ぶりの出産。
上の子は乳、卵etcの食物アレルギー。
食物アレルギーと子育てに関することや、
アロマとハーブと香りにまつわる色々について。

※しばらくの間、自宅でのアロマトリートメントはお休みさせていただいています。

*女性限定アロマテラピーサロンmacava

忙しい毎日に、少しのリラックスと、ゆったりとした時の流れを取り入れませんか?
アロマトリートメントには心とカラダをほぐすチカラがあるのです。

私自身、アロマトリートメントを受けた後、心と身体がふんわりと軽く浮かぶようにほぐれた心身の変化に驚き、また、忙しい毎日の束の間、心からホッと一息つくことができました。

また、トリートメントは、身体のリンパの流れも促進するので、組織が活性化し、自分の身体が喜んでいるのがわかりました。自分で行うトリートメントでは感じられない感覚です。

たくさんの女性の方々に、アロマテラピートリートメントを受けてホッと一息ついてもらいたい♪

そんなアロマトリートメントの魅力を伝えられたら幸いです。
まだアロマテラピーが未体験の方も是非一度体験してみてくださいね。


∵macava トリートメントメニュー∵

まずはじめに行うカウンセリングで体調や気分にあわせて選んだ御自分にぴったりのアロマ(高品質オーガニックのフロリアル社製を使用)をお選びいただきます。
ベースオイルには、ゴールデンホホバを用い、セレクトしたアロマオイルをブレンドし、お客様にぴったりのブレンドオイルをつくります。
お着替えを済ませていただいた後に、フットバスで足を温めて、身体の循環を高め、オールハンドの優しいタッチで身体と心をほぐしていくアロマオイルトリートメントをいたします。
身体中のリンパの流れを促進し、肌の新陳代謝を高め、ハリやコリなどが軽くなりますよ。
トリートメント終了後は、デトックス効果のあるハーブティーを飲んでホッと一息♪


■ macavaスタンダードコース
全身トリートメント60分
(ハーブティー・フットバス、温湿布付き)
所要時間はお着替えやカウンセリング入れて全てで1時間半~2時間)
¥5000

■ macavaスペシャルコース
全身トリートメント90分
(ハーブティー・フットバス・温湿布付き)
所要時間はお着替えやカウンセリング入れて全てで2時間~2時間半)
¥7000

■ macavaクイックコース
 トリートメント40分
(ハーブティー付き)
ハンド、フット、肩、首、デコルテ等着衣のまま(タオルドレス着用)受けられます。
所要時間はお着替えやカウンセリング入れて全てで1時間~1時間半)
¥3000

■出張トリートメント
ご自宅に伺ってトリートメントを行います。
トリートメントを受けた後はそのままご自宅でリラックスできる至福のひととき。
ご自宅の布団またはベッドで、その周りをぐるりと動けるスペースのみあれば大丈夫です。
タオル等、必要なものはお持ちいたします。
特別なお気遣いは要りませんので、
ご自宅でのマッサージも是非ご体験ください♪

メールはこちらへ:macava.aroma@gmail.com
返信に多少お時間がかかる場合がございますが、ご了承くださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。